So-net無料ブログ作成
検索選択

肝機能検査とトランスアミナーゼ [ダイエット]

肝機能検査とトランスアミナーゼ

◇肝細胞のダメージを知る検査◇

GOTとGPTは肝細胞に含まれる酵素で、あわせて「トランスアミナーゼ」とも呼ばれます。肝細胞が壊れると、これらが血液中に流れ出るので高い値となります。急性肝炎で症状が強い時はGOTがGPTより高く、慢性肝炎ではGPTがGOTより高くなるなど、病気によって両者のバランスも違ってきます。

◆自分の検査値も再確認しよう◆

いずれも血液検査でわかり、肝細胞のダメージを知る検査と胆汁の流れをみる検査に大別できます。なお、ここにあげる基準値は目安で、詳しくは検査法や検査機関によって異なります。その機関で示している基準値を参考にして下さい(IU=国際単位)

~GOT~<基準値=38IU/ℓ以下>
ASTともいい、肝臓だけでなく筋肉や心筋にも多く含まれています。その為肝臓病のほか、筋肉の病気や心筋梗塞などの時にも上昇します。

~GPT~<基準値=50IU/ℓ以下>
ALTともいい、肝臓以外にはほとんど見られない酵素です。これが高い時は肝臓病の疑いが強くなります。※このほかLDH(基準値=103~190IU/ℓ)など

~γ-GTP~<基準値=50IU/ℓ以下>
さまざまなケースで上昇しますが、典型的なのは常時アルコールを飲みすぎている場合です。とくにGOT・GPTとかけ離れてγ-GTPだけが高ければ、その可能性が大です。GOT・GPTとともに高値の時は肝臓病が疑われます。

~総ビリルビン<基準値=0.2~1.1IU/ℓ>
ビリルビンは胆汁の色素で、胆汁の流れが悪くなると血液中に増えます。肝臓病のほか、胆石やある種の貧血などでも上がります。また、体質性黄疸でも上がりますが、これは心配ありません。
※このほかALP(基準値=117~350IU/ℓ)など

今の時期、健康診断の季節でしょうから、検査データをお持ちであれば、今一度確認してみてはいかがでしょうか?

メタボバナー120×120.gif
nice!(0)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ジェネリック薬品とは [ダイエット]

ジェネリック薬品とは

現在、さまざまな問題を抱えている日本の医療保険制度。

そのうち1つが医療費、とくに薬代の占める割合の大きさです。この薬代を軽減するカギとして、いまジェネリック医薬品が注目を集めています。

ジェネリック医薬品とは、『新薬』の特許期間(通常20~25年)が満了したあとに製造、販売される薬の事。

新薬に比べて開発期間が短く、コストを抑えられるため、新薬と同じ成分、同じ効き目、同じ安全性をクリアしたうえで価格を安く設定できるのです。

特に症状が改善されるまでに長い時間がかかる疾病の場合などは、薬をジェネリック医薬品に代えられれば、家計の負担もかなり軽減できるはずですから、上手に利用していきたいものです。


ジェネリック医薬品を入手するには、必ずお医者さんの処方箋が必要です。
まずはかかりつけのお医者さんに「いま服用してる薬のなかでジェネリック医薬品に代えられる薬はありますか?」と聞いてみましょう。

最近ジェネリック医薬品の治験を募集しているところをよく見かけます。
新薬ではないので、参加希望される方も大変多いようです。


脱メタボ!!計画に参加したい!!!

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

会社で昼寝!? [ダイエット]

会社で昼寝!?

人間には眠気のリズムがあって、最大の眠気は午前4時、日中では午後2時にくることが確かめられ
ています。
午後2時の眠気は、睡眠不足でなくても起きるといわれています。

眠気がくる午後2時の時間帯の昼寝にはどういう効果があるかというさまざまな研究がされています。
メタボリックを解消したい!!!

広島大学総合科学部の堀忠雄教授の研究室の研究では、

1)昼寝で(時間は15分)午後からの強い眠気が消え、うっかりミスを防ぐ効果があった
2)作業成績が上がった
3)血圧が下がってリラックス効果があった
4)高齢者では、昼寝群は休憩群と比べ、収縮期血圧(上の血圧で平均15.6mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で平均8.6mmHg下がったなどの報告が出ています。

血圧の低下は脳卒中など脳血管障害の危険をなくします。また、昼寝習慣を持っている高齢者は、意欲的だったという興味深い結果も得られました。

国立精神・神経センターの研究では、習慣的に昼寝(30分以下)を取っている人は、そうでない人と比べ、アルツハイマーにかかる危険性が1/3以下だったということも報告されました。
メタボリックを解消したい!!!


昼寝時間は15分間くらいが良いということには、科学的根拠があります。

まず、長すぎる昼寝は夜の睡眠に影響を与えます。また、睡眠には深さがあって、深い眠りに入ってから急に起こされても、眠気が残り、頭がボーっとして働かず、しばらくは仕事になりません。

深い眠りは、年齢差、個人差がありますが、若い人で20分ほどで、高齢者で30~40分で入っていくとされています。

昼寝は深い眠りに入る前に終わる必要があり、それが15分という時間になります。

ただし、これは健康で普通の生活をしている人の場合で、徹夜明けや極端に寝不足の状態では15分でも深い眠りに入っていきます。こうした例では、できれば80分ほどの昼寝がすすめられます。
メタボリックを解消したい!!!

15分で起きるためには、人間に備わっている「自己覚醒」能力を利用して、15分で起きるということを思いながら寝ることす。

また、カフェインの入ったコーヒーお茶を上手に使うことも一策です。
カフェインは飲んだ30分後に効いてきますので、昼寝前に1杯のコーヒーまたはお茶を飲むことで、昼寝後の目覚めがすっきりします。

昼寝前に適切な準備をすることで、心地良い目覚めが得られるということになります
                   (参考:くらしの百科 NO.21318)
メタボリックを解消したい!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

夜食で太る理由・・・? [ダイエット]

夜食太る理由・・・?

夜食で太る理由にも時計遺伝子のうち、ビーマルという遺伝子は、私たちの脂肪細胞の分裂を促す働きをもっています。

特に夜分遅くに食べ物を摂取すると、この遺伝子の働きが強まり、肥満を招きやすい事が判ってきました。

夜食が肥満を招く事は広く知られています。
しかし、これは、単に夜間はエネルギー消費が少ない事だけではなく、時計遺伝子も深くかかわっていたというわけです。

ビーマルは夜間中に特に脂肪細胞の分裂を活発に促し、セッセと働かせないためにも夜食は控えるほうが身体の為に良いと言えます。

よく飲みに行った帰りにラーメンを食べて帰るという人もいますが、あれは身体にとっては最悪な状態であると言えますので、飲んだあとは大人しく帰宅しましょう

脱メタボ計画に参加する!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

メタボな私。 [ダイエット]



 世界的大手の製薬会社が開発した【肥満治療薬】の日本国内での販売に向け厚生労働省から承認を得るための臨床試験情報をキャッチしました。

 この薬品は、「脂肪分解酵素の働きを抑えることで、食事からの脂肪の吸収を抑制する」働きが期待できるそうです。

メタボバナー120×120.gif



 このお薬が実現したら、メタボ体型からの脱出も夢じゃない!!?


 ダイエット食品などでの食事療法やジョギングなどの運動療法で効果が出ない肩への体重減少作用を目的として、肥満症および糖尿病への新しい治療薬として開発されたということです。

ゎ~お!? まさに私向きじゃないか!食事もダメ、運動もダメ…もう薬療法しかないのでこの薬の開発の実現に期待したい!


この肥満症治療薬をきっかけに、自身の健康を見直していけるのであれば、参加しない手はないですね。うん(^ω^)今後このお薬に期待大ですね





と思ったら、このお薬を開発するためにモニターを募集している会社がありました☆

臨床試験・治験参加者募集会社のクリニカルトライアルメタボ大脱出計画!の参加者を募集してます(´ω`*)しかもタダ☆



さらに!!



今回参加すると特典があるそうで


ただでさえ夢のような治療薬の情報キャッチしただけでも楽しみなのに【特典】がつくとなると嬉しくなります(*´ω`*)いや…「特典」という単語に弱いだけなんですが…(爆) ◆ 特 典 ◆



┃ 1.最新・・・医師の管理下で、最先端医療を受けられる。



┃ 2.継続・・・定期的な健康診断で健康状態を把握。



┃ 3.軽減・・・治療の経済的な負担をかけない。



┗ 4.判明・・・CTスキャンで自分の肥満タイプが判る。


メタボ脱出計画へ参加


個人で健康診断を受けるだけでも、数千円かかるうえに治療費ってかなりの負担なんですが、治療費は軽減されてCTスキャンもしてもらえるなんて凄い! 経済的に余裕のない私には、有難い話です♪


メタボ脱出計画へ参加



後ほど、この詳細をupします(´ω`♪)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。